アガリとの戦い

生徒さんの中にどうしても人前で緊張して手が震えてしまう、と言う方がいらっしゃいます。
もちろん皆さん緊張されるわけですが当の本人にとって「みんなそうだよ」というのは何の気休めにもなりません。

私自身、極度のアガリ症に悩み続けて来たからわかることもあって、なおさらのこと悩んでる人を何とかしてあげたい気持ちが強いのですね。
そこでいろんな処方箋(ネット上の情報も含め)をお試し情報として話すのですが、最近、「結局これがすべて」じゃないかなと考える要因・対処を改めて書いてみます。
もし、私のブログ読者で同じ悩みをお持ちでしたら、ぜひ一度試してみられてはどうでしょうか。

1.別の記事でも書いたことですが、まず「笑顔」。舞台袖、そして入退場、演奏の終わりにとにかく笑顔を意識的につくる。精神的に余裕を持つため、そして顔の筋肉の緊張をほぐす意味もあるのでぜひお勧めです。
かといって舞台袖や楽屋で「ヘラヘラ」してるのも気持ち悪いので、まぁ顔の筋肉ストレッチだと思って。

2.緊張するときはどちらかというと「神経質」「ナーバス」な精神状態です。そして負のスパイラルに自分を追い込んでいこうとしています。「間違えたらどうしよう」「下手だと思ってるんだろうな」とか。
この状態、第三者から見ると「元気なくクヨクヨ」しているわけで。
とするとこれも意識的に元気になる、つまりカラ元気でもいいから「元気な人がやりそうなこと」をあえてやってみる
楽屋で腕立て伏せとか(笑)本番までちょっと軽く走ってくるわ!とか。逆をやってみてはいかがでしょう。

3.これは小さな会場とかで僕が経験することなんですが、ちょっと緊張をほぐそうと気の利いた「おしゃべり」をアドリブで入れてみる。でそれが見事にオオスベリしたときの地獄。そのあと自分のタイミングで演奏するのは至難の業です。穴があったら入りたい、その場から逃げ出したい、顔が紅潮し、つまり血圧が上がり「あがり症」そのものの症状。教訓。メンタル弱い人はアドリブするべからず!しゃべりも演奏と同じくらい練習と準備が必要です。

上の1と2がすべてじゃないかと思います。あとは集中力を高めたり、緊張をほぐすことをルーチン化したり。
いろいろ都市伝説オカルトも含め試してみてください。

すこしでも皆さんの「アガリ」がなくなりますように。