ギターケース

そりゃ最近の主流は「軽くて丈夫でスタイリッシュで」でそれに越したことはないけれど、やっぱり昭和世代が気にするのは「内装」なんですよね。
外見の色とかで個性を出したい、それも分かる。でも練習にしろ「さぁギターを弾くぞ!」って高揚した気持ちでケースのフタを開ける、そのときに見えるのは「愛器」を包み込む高級感あふれる内側。いわばこれは高級フランスベッドか極上羽毛布団。ここにこそコダワリがほしいのです。

昔は国産の安いケースでも中貼りのいい色あいのものがありましたよね。
今の5万から8万する、まぁ商品名をだすなら、BAMとかAranfuezとか、全部内装は同じ色。私たちが求めている高級ベルベット感が無い。
なんか外見はオシャレに決めてるのに、インナーがグンゼの白ブリーフ3日目、みたいな。。。

プロアマ問わず主流の軽量ケースも外はバリエーション多くても、中は全部同じ。。。
これはユニクロのフリース+グンゼの白ブリーフ(笑)

その点、生産中止になったけどGEWAは良かったですね。

今、11弦用の特注ケースは1980年代、河野ギターの付属ケースとして主流だったメーカーのもの。メインの鍵部分が特徴的なものです。
この内装のシルバー、今となっては貴重です。

あと、カラーバリエーションの多いアランフェスとか、上フタを取り外し交換できるようにして、ユーザー同士で交換、オリジナルツートンにしてくれないかな。
そうすれば今持ってるオレンジのケースに白のフタをすれば、ちょうど家の車と同じ色になるのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Caution!! :Posts that do not include Japanese will be ignored. (forAnti-Spam)