ピノテラスさんで癒しの時間

18日、和歌山市湊にあるピノテラスさんでコンサートを行いました。
セゴビアとの出会いで明暗を分けた二人の作曲家、ポンセとバリオスに軽く焦点を当てて、
ラテンアメリカの硬軟織り交ぜた小品を20曲ほど演奏しました。

最近こういう小さな場所で演奏する際に使わせていただいているホセ・ロマニロス1971の音色と、ピノテラスさんの「ほんわり」とした空気がマッチして、
ギターの音色の繊細さをお客さんには感じていただけたようです。

気持ちの迷いが少し吹っ切れたようなので、これからもっと上質の演奏ができるように和歌山で頑張っていきたいと思います。

15027918_1051555448287405_5620656335114059134_n