度忘れをなんとかせねば

まだまだ若い頃、フランス留学から一時帰国した折に、お世話になっていた教室の発表会にサプライズ・ゲストとして演奏。
カステルヌォーヴォ・テデスコのソナタ全曲でした。
2楽章の途中である音が思い出せなくなり、途中ワープを試みるも失敗(笑)。結局詫びを入れて弾きなおすことに。
たぶん今だと大した出来事でもないし、ほんの「かすり傷」で済ますのでしょうが、この「事件」が今でもトラウマになってることは確かです。
以後、演奏中、演奏前の頭の中は「度忘れしたらどうしよう」、この不安でいっぱいで音楽どころではありません。
ギター的な軽い曲や逆に超ムズの現代曲なら、ごまかせる自信?があるので少しはマシですが、バッハのフーガあたりは相当きつい。
もし演奏企画でバッハのフーガをリクエストされたら5万以下じゃ引き受けないですね(笑)

「度忘れ」。このいつどこで、しかも前触れなく起こるやっかいな現象。アガリ症とはまた違う対策が要りそうですね。
例によって、度忘れが起きたときに何をやってしまっているか。まずそこら辺を考察して自分なりの対処法を考えてみようと思います。

1.出来もしないことをするな!

出番を待っているとき、「ちゃんと覚えてるかな?」と頭の中で音や指使いをイメージして映像化して流していきます。
でも、これまでちゃんと出来た試しがありません。
え、最初のあたりの指どうだったっけ?え、え、何?忘れてる!!やば!!!
慌てて楽譜を見て確認。ほんと、できないのに本番前になると不安でやってしまう(笑)

そもそも物理的に5分の曲を演奏直前に頭の中で流してる時間が無い。当然です、5分かかりますから。それなのに不安だから慣れないことをやってしまう。
もちろん舞台に出て5分間瞑想されては聴くほうもたまったものじゃないし。
たとえ何とか舞台袖で5分作って集中して最初からイメージできたとしても、
今度は、出来た途端さっき5分前に弾いた音を覚えているか不安になる(笑)

もうキリがないんですよね。

「演奏前は覚えているかどうかなんて確認してはいけない」というより慣れないことを突然しない

2.緊急事態に際しては冷静に!

本番中、というか演奏中は常に音楽やテクニックの先読みが行われています。つまり突然忘れるのではなく、10秒ほど前に忘れていることに気づくわけです。
車で走っていて100メートル先に道路陥没を発見。見れば横にそれる道もない。。。死神が手招きしてるし!なんとかして思い出せばこの死神が消える!
実はこれが間違い。思い出せないから死神が出てるわけで(笑)。
こうなりゃ最小限の痛手で通過するしかない!自分のテクニックを信じて突っ込む!運が良ければ壁にミラーをこすりながら何とか回避、ふう。でもまぁこういう時に限ってりピート指定で2周目があるんですよね(笑)
でも大抵の場合は避けるほどの幅さえないシビアな、例えば前述のフーガなどがほとんどで、曲が複雑だともつれた糸の先がどこに繋がってるのか探す時間がないんですよね。
だから余計に慌ててしまう。
こうなると賭けに出て大破炎上するか、いさぎよく車を止めるかしかないわけで。
こういった判断を演奏しながら何秒間でやらなければいけない、
問題はこの「度忘れが発覚」したときにパニックを起こしてる、ということ。ここを何とかしたらいいかも。

3.弾きなす時は開き直るか、もう別の曲を弾きましょう

万が一止まってしまって、よく「最初から弾きます」とやる人が多いのですが(自分も含めて)、この時おそらく自分の経験で考えると
「どの音を度忘れしたかわからないまま」リスタートしています。ようするにあせったまま、パニック状態で原因を取り除いていない。
とまったのは運悪い事故だと思って済ませようとしてるんでしょうね。
結果、同じところで止まります(笑)。ただし何回も止まるわけにも行かないので、今度は諦念のジャンプを試みます。
「どうせ、もう傷物だし、恥もかいたし何を恐れることがあろうか!!」
開き直りです。それなら最初からあきらめていくべきですね。演奏は大破炎上しますが死にはしません。

弾きなおす時は、必ず次も忘れるものとして次善の策を考えること、これに務めたほうがよさそうです。
その曲を弾かない!というのも(笑)。

結論

度忘れするのはたった「一つの音」の時が多い。たとえば1000個の内の1個。999個覚えて弾けたことを褒めてあげましょう。
ただギターの場合だと、その音をどの弦でどの指で押さえるかというのがあって、それが崩れるとテクニック的に弾けなくなるんですよね。
運指というのがギターでは非常に重要なのは、この流れが無いと弾けない楽器なんです。
たった一音によって大の大人が頭を下げて謝り、打ち上げで寡黙になり悪酔いし、以後10年は引きずる事態に。。。。

とすると度忘れは起こるもの。そのつもりで付き合って「不運な事故」にしないほうがいいのでは。
自分自身、この度忘れの恐怖と闘ってる最中ですので答えはでませんが、
すこしずづ見えてきたので、次回はもう少しまとめてみようと思います。