思うところあって

さて、50歳を過ぎてそろそろ身支度というか、虎は死んで皮を残すというか、演奏をレコーディングして残していきたいなと思うようになりました。
ライブはライブで面白いものなのですが、日が近づくにつれ追われるような生活、集客のことや雑用に費やす労力を考えると、マイペースに録音していたほうが音楽と向き合えるかもしれません。

幸い縁あって、名器と言われる楽器を使用させて頂ける環境もあり、せっかくですから「クラシック演奏家」としての本分をこちらに向け、
「ギタリスト」としての一面は名曲ライブ(いわゆる営業)に集約するのも一つの生き方かと。

昔のように自由に練習時間が取れなくなるのを踏まえ、緩やかに方向転換していきます。

和歌山をホームタウンとし、和歌山での活動を全域に広げてギターの良さを知ってもらい、有望な若手ギタリストがいれば和歌山に招聘してみたりして、
文化的に貢献はしますけど、あとはたまに大阪でやればいいかな、でも集客が難しそうならやらない。
まぁ名曲集でよければいつでも仕事は引き受けます。でも自主は縮小。

少しずつ見えてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Caution!! :Posts that do not include Japanese will be ignored. (forAnti-Spam)