次の曲

先日、恥ずかしながら尺八とギターの曲を発表、デビュー作としましたが、書いているときに「あぁこういう書法もあるかな」と浮かんだアイデア。

それは、尺八をメロディー楽器、それをサポートするギター、というありきたりのパターンではなく違った角度でサウンドメイクを行うこと。

松本太郎さんの音を聴いていて、
尺八の音は自然に溶け込む環境音のようなものかもしれない、と感じ、その壮大な環境音をオーケストラに見立ててギターが協奏曲的に絡み合う曲のイメージが漠然とできつつあります。

邦楽器・洋楽器のような小さな差にとらわれず対峙し、対話しあうそれぞれの存在。

「未だ明けず」はそもそも改編を繰り返して進化していく楽曲なので、さぁどうなって最終形をむかえることやら。

尺八とギターのための音楽、まだまだ可能性ありそうです。