満員御礼

2月17日「海へ フルートとギター 想いあふれる情景」
小さな会場でしたが、おかげさまで満員御礼、前売り完売、たくさんのお客さんに聴いていただけました。

和歌山で本格的なプログラム。なかなか田舎で活動するには、どうしても聴きやすい有名曲になりがちですが、音楽家として、そしてクラシックを目指したものとしてやはり恐れずにやるべきだと思っています。
「聴衆の啓蒙」、いえそれよりも演奏家への問いかけなのです。

正直、和歌山に移り住み、この地域の音楽を取り巻く状況を見て、もう現代音楽を楽しめることはないだろうな、とあきらめていました。実際きびしいことは厳しいのですが、今回は共演の岡本万貴さんに感謝しています。

これをきっかけに、聴きに来てくれていた在和歌山のクラシック演奏家といろいろ刺激的な連携ができたらな、と思っています。

僕にとってはパリで感じた「芸術の刺激」がやはり忘れられない。そして自分自身、ぬるま湯が苦手なんです。
奈良にいた数年は奈良のギター界に一石を投じたつもりです。残念ながら和歌山にはギター界そのものが無いため、一般クラシックの皆様を引っかきまわすかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

あとテレビでも紹介していただきました。

投稿日: 2018-02-22escargot