金谷幸三流花伝の書12

和歌山のギタリスト金谷幸三による実践的ギター講座(SEO対策済)

■右指の基本タッチ■

美しい音を出すタッチに関しては多くの人がそれぞれ持論を展開していて、何が正しいのかよくわからないカオス状態。
あまり大っぴらに発信すると他流派からクレームがくるかもしれないのでこっそり「概要」だけ書き記します。

少なくとも、僕のタッチなわけで、僕の音はこうやって出されている、そんな事例としてお読みください。

なお、関節の名称については下図の通りといたします。

 

さて、それでは下の写真をよく見ながら簡単に説明をしていきましょう。
じっくり見くらべてくださいね。
では、順番に。

1.第1関節と第2関節のライン(特に見やすい中指で)を表面板に対して垂直にします。
※これは必要以上に鋭角に弦を弾かないための目安です。

2.第1関節(指先)は軽く曲げたくらいで固定。この部分を動かさないでください。
※この部分で弾くと弦を跳ね上げて引っかける動作になり美音が出ません。

3.この角度によってまっすぐ弾いてもギリギリ手前の弦に当たらずに弧を描いて通過することが出来ます。
※つまりアルアイレとアポヤンドの音質の差がほとんどなくなります

4.すべての関節が軽く曲がった状態で
※運動の基本。伸びきった状態は禁物です。

5.動かすのは第2関節です!
※ここが最重要ポイント!第2関節を動かすことで緩やかな楕円を描く運動になります。

6.第1関節は弦の張力に負けないようにこらえる筋力が必要なだけ(動かしてはダメ)
※負けると角度が変わり美音が出ませんし、微妙にアタックのタイミングがずれます。

7.第3関節は力の勢いに自然に添わせるだけで意識する必要はありません。

8.弾き終わった最終形では指先が親指付け根(手首近く)に届くように振りぬきます
※練習ではこの形を常に確認してください。

9.戻す時は第3関節の力を緩める(軽く開く)だけで元に戻ります。
※同じルートを直線的に戻らない。円を描くようにしなやかに。

10.しっかりと振りぬく
※弦に触れるまでは準備(脱力中)、触れたら押し込むように圧力をかけ抜き去ります。
必ず弦に触れてから「弦の感触を確かめてから」弾きます。

多くの人はすごく離れたところから指を振り始めますが、確かなタッチで通過する確率が減りますので(距離がバラバラ)注意。

親指の弾き方は、動画を参考にしてください。
人差し指中指薬指は手の角度に合わせて素直に「握るだけ」
親指は腕の重みでまっすぐおろすだけ

言葉だけでは難しいかもしれませんが動画と合わせて参考にしてみてください。
いずれ別投稿で補足するかもしれません。

3件のコメント

  1. 大前ゆきこ

    おはようございます。
    私好みのw哀愁漂う音楽とともに、基本を確認できるレクチャーいつもありがとうございます。
    フランス語が理解できるので問題ないのですが(4月1日ベタネタですm(_ _)m)
    文字のフォントをもう少し濃い色にしていただけると、年寄りにはありがたいです。
    これからもどんな金谷マジックが出てくるのか楽しみです。

    • escargot

      コメントありがとうございます。
      文字の色はいつも悩むのですが、もうすこし研究してみます。確かに今回は見にくかったですね。

      • 大前ゆきこ

        ありがとうございます。
        よろしくお願いします(^^)

コメントは受け付けていません。