金谷幸三流花伝の書4

和歌山のギタリスト金谷幸三による実践的ギター講座(SEO対策ですww)

■ポジションを素早く柔らかく移動する■

指を離すことは「次の準備」のためだけではありません。
1.もちろん次の準備に向かうため。
2.結果として弦を押えないことで力の節約。

そして
3.実はポジション移動を素早く行うため

これも非常に大切なことです。音楽を流れるものにするためには移動による空白を極力避けるべきで、
このポジション移動のノウハウは教則本の最初に持ってきて良いのではないか、と思うくらい僕の中で重要視しているテクニックです。
この移動速度が上がれば、それだけ前の音を粘ることが出来ますし、なによりも余裕が生まれます。

そこで教室では次の大原則を徹底しています。
「ポジションを移動する直前には力を抜かなくてはいけない」。恒例の「しなくてはいけないシリーズ」です(笑)

多くの人は力で強引に移動しようとします。でも力が入ったままだとスピードが上がりません。ゴルフのスイングしかり、野球、テニスなどと同じで力みや重心固定は実は速度アップには禁物ですよね。実際のやり方は後述するとして、まずは力を抜くこと!
この意識をしっかり覚えてください。

一番楽なのは開放弦を利用してその隙にポジション移動をする。音もつながりやすいし、逆に開放弦が出てきたら移動のチャンスと思ってください。
次は1本だけ押さえている状態、そして2本3本。4本が一番力が入った状態で、直前にセーハなんて極みです(笑)、早い段階で解除しなくてはなりません。

ただいつでも楽な開放弦が使えるとは限りませんし4本押さえた状態から移動もあるでしょう。しかしやはり原則は生きています。
仕組みは、4本の指のうち残さなくてはならない優先度の高いものだけにして、結局力が抜けた状態を作るということです。
優先度は基本的にメロディー、または最後の音が高く、ほかの音はこれまでのテクニックを利用して順次離していきます。
そしてせめて1から2本にしてからサッと移動します。
とくに低音弦の指が早めに離れることで無駄なノイズも軽減されるので一石二鳥です。

ギターテクニック全体に言えることですが、移動のコツは「指先で移動を行わない」こと。

あとネックを低めに構えるタイプの人に多いのですが、脇を開いて手首を移動させてしまいがちです。でも運動的にはこの動作、けっこうきついはず。胸の筋肉も使っていますし。人間の肩の関節はおそらく手を前後に稼働させるほうが楽なはずです(歩いたり走ったりするときのように)。
つまりこの脇、肘という大きな筋肉を人間の得意な可動方向に動かし、それを軸に手首を振ります。こうすることで指先は鞭の先のようにしなやかに鋭く動きます。大元を動かせば先端は大きく動くわけですから。
またローポジションからハイに移るときは腕の重み(5キロほど?)を利用して自然落下させます。脱力の話でも出てくると思いますが自然落下の速度ってけっこう速いんですよ!

さてこの大きな筋肉を使う、すごく大事なことで、右手にも左の普段の押弦にも利用します。
ついつい鍛えがちな「指先で何かする」のは一番最後、最終手段だとお考えください。

簡単な実演ビデオはこちらです。

ポジション移動のさらに細かな原則はまたいずれ。