金谷幸三的ギターの弾きかた

僕の教室に来られる生徒さんは、昔に習ってたけどまた始めてみたい、そんなある程度の経験者が集まってくれてます。
で基礎的なことは解ってるものとして進めるのですが、実は「以前の先生はそんなこと教えてくれなかった」ってことが多く、それはギターの構えかた、指の動かしかた、爪のかたち、音の出しかた、などなど、結局何を教えてたの?と呆れ返るほどです。
素人の民間療法みたいなギター教室があふれているので仕方ないですが、変な癖がついてからでは遅いんですよね。

あとこれは大事なんですが運指のこと。なにも疑うことなく「書いてあることが正しい、意味がある」と思い込んでしまって、
いつまでも弾けない、難しいと壁にぶつかっている。。。
そこでそんな人にはこの言葉。

合理性、音楽性ともによく考えられた運指は正しい。そうでない運指はゴミである!

そもそも西洋人のごつい骨格に合わせて考えた運指や奏者の癖を真似する必要はない!

というわけで、金谷的なギターの弾き方、音楽解釈、そして運指について書いていこうと思ってます。
ただ体系的に整理できないので、だらだらと無駄な説明、重複も出ると思いますが文章に関しては素人なのでご容赦のほど。