よく見る通常の6弦ギターのほかに私が使用している楽器、11弦ギター。

そもそも11弦ギターとは?
取材とかでも必ず聞かれる質問ですが、その前に今使っているギターを紹介します。

星野良充 1983年製作。日本の代表的製作家の手によるものです。

それでは11弦ギターについての簡単な説明を。
英語wikiを見てもあまり詳しくは書かれていません。ウィキはこちら

歴史的には、50年ほど前ルネサンス・リュートの代用としてスウェーデンで製作開発され、名手・G.セルシェルの名演によって世界に知られることになった楽器。
補足するなら、日本でも80年代にセルシェルとともにブームとなり、演奏する愛好家も増えたようですが、リュートをイメージするとバロックを弾くには「音が派手、サスティーンが長い」といったデメリットがあり、では普通にギターとしてイメージすると「甘みや色気」にかけ、重要なレパートリーであるスペインラテン系に合わない。
そして多弦ギターに付き物の「消音」技術の難しさから、時代とともに使われなくなっていった楽器なのです。

そこで意識や視点を変えてみました。
つまり、リュートの代用ではなく「新しい楽器」として捉える。ハープやカリヨンのように響かせ続ける楽器として。
私がケージを編曲し11弦で弾くのはそれを実践するためです。
響くと言っても、ピアノやオルガンのようにいつまでも鳴ってるわけではなく可愛いものです。それをあえて消音することもなく、そういう楽器だと思えばいいのです。
そうすることで、この見向きもされなくなった楽器に新しい価値を生ませることに成功しています

チューニングは通常のギターより短三度高く1弦から順に

G – D – A – F – C -G -F – Es – D – C – B

というリュート調弦が普通とられますが、新しい楽器ですので何でもいいのです(笑)
私の場合もリュート局を代用で弾く以外は3弦をBにしています。

使用する弦はよく比較される10弦ギターとが違い、弦の長さで調整しているので6弦より下は市販の「6弦」を使用します。

1・2・3・4・5・6・6・6・6・6・6。

実際の演奏はこちらをご覧ください。