19日の演奏会を終えて

11月19日、奈良のテーネザールで久しぶりの本格プログラムで勝負してみました。
曲間トーク無しのガチ演奏会(笑)。しゃべらないとは一言も予告してなかったので、いつものお客さんも少し緊張されたかも。
今回は昔から機会あるごとに弾いていた、自分のギター人生に関わり深い作品、そして何より弾きたいと思う曲でプログラミング。
結果、ソナタやシャコンヌ、13から17分かかる大曲が4曲メインになるハードなものに。

控室本番前10分の過ごし方から、曲間に行うことを全部決めて臨むという、自分にとって「新しい実験」も行いました。

まず、本番前はどうしても緊張から右手の体感温度が下がる(頚椎症の影響)ので、生姜湯やカプサイシンで体内から温め、両肩にカイロを貼り腕を温め、ギリギリまで手袋をし、そして緊張度を抑えるために「冷えピタ」をおでこに貼りました。
そして目を閉じ深呼吸1から10まで数字を思い浮かべながらカウントして、集中力を高めてみました。
このルーチンはすごく効果があったので今後も続けていく予定です。

そして本番。イスに座るまで笑顔で。そして目を閉じカウント。
気持ちは落ち着いていくのですが、指先が冷え始めてきます。やはり無意識に緊張しているのでしょう。

この点に関してはもう少し自律神経をコントロールするイメージトレーニングをしなければ、と課題。本番前ににわか仕込みではダメなので普段から自在に手の温度を上げる訓練ですね。もうこれしかなさそうです。
あとは、こういうハードな演奏会はできるだけ暖かい時期に行う!

 

さて肝心の演奏は、気合が空回りした部分もあってけっして満足できないものでしたが、その気迫や情熱が音楽を通してお客さんにも伝わったようで、少しはホッとしました。
もう一度、今回のプログラムの精度を上げ(すこし内容も硬軟とりいれて)、弾きならしてから来年にできれば各地でやってみようかと思っています。

課題は見つかりましたが、解決策も見えてきた部分もあって、さらに上を目指せそうです。

アンコールでいつもの喋りが入るとこんな感じ。