いよいよオンラインレッスンが始まりました。
ここでは受講に必要な「機材準備」について説明いたします。

● PC

PCスペックの中でもレッスンで重要なのはCPUの処理能力です。高性能に越したことはありませんが、少なくともマルチコア、スレッドであること。
ここ5年ほどの間に動画や音楽を楽しむために購入したものならまず大丈夫かとおもいます。

現在当教室で動作確認を行った最小スペックは以下の通りです。参考にしてください。

B5 Lets Note
Windows10 64bit
メモリー:8ギガ
CPU:インテルCore I-5 4300U 1.9GHz-2.4GHz

参考:CPU比較
https://www.dospara.co.jp/5info/cts_lp_intel_cpu

● 通信回線

安定した通信を得るために光回線(ギガ回線)を有線LANで接続することが望ましいですが、通信の上り速度が10Mbpsほどあれば(画質にこだわらない限り)大丈夫です。ただし、オンラインでのやりとりに影響しますので、できるだけ安定したシステムを使ってください。

テストは無線Wi-Fiで行いましたが、光ルーターから近いこともあって上り200Mbpsでした。古いマンションタイプでは同じ光でも制限が多いので、マンション住まいの方は「上り速度に強い」モバイルルータを契約されるのもいいかもしれません。

参考:通信速度計測
https://speedtest.gate02.ne.jp/

● ビデオカメラ(2000円くらい)

ノートPCの場合はPC内蔵カメラで十分だと思います。映像は左手・右手が映ればいいので、必要に応じてPC画面の角度を変えれば対応できると思います。
内蔵カメラが無い場合やもう少しフレキシブルにカメラを使いたいと思われる方はUSB-Webカメラがお薦めです。解像度はFull-HD対応であれば廉価な中華製でも問題ありません。4Kは今の所通信にも編集にも応用できませんのでこだわらなくて結構です。
またマイク付属が多いですがその機能は使いません。

● マイク(15000円)

音楽レッスンですので、音に関するものは妥協しないようにお願いします。ただマイクはそれこそ上を見るとキリがありませんので、目安としてコンデンサーマイクで1万円前後が安心できるスペックと思ってください。
通常のマイクではPCとの接続でいろいろ面倒ですので、簡単に接続できるUSBマイクがお薦めです。
今回使用したものは、AKGのUSBマイク。マイクの老舗メーカーが作っています。こと音に関しては廉価につられて中華製を選ばないようにしてください。

お薦めUSBマイク:
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/269265/

https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/199016/

● ヘッドフォン(2000円)

スピーカーから流すと、その音をマイクが拾って音が干渉しますのでオンラインレッスンではヘッドフォンが必須です。密閉型が理想ですが耳が疲れないものをご用意ください。

↑ 最小構成。型落ちPC+USBマイク+ヘッドフォン+Wi-fi

↑ 外部ビデオカメラ+ビデオキャプチャー

↑ 複数カメラ+ビデオスイッチャー

録音用本格マイク+ミキサー+複数カメラ+スイッチャー+オーディオインターフェースetc これらを高性能デスクトップにつなぐフルスペックです

Share:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)