今回のコロナ騒動を機に社会の意識が変化するものと思われます。コロナ前には「戻れない」ではなく「戻らない!」と能動的にとらえようと考えています。

クラシックギターは小規模空間で行うのがベスト。それを不安視される限りはこれまでのようにはいきません。ただでさえキャパが少なく、収益の少ないものにソーシャルディスタンスを設けたら赤字ですからね。

何度も言ってるのですが芸術家は「カスミ」を食べてるわけではないので。
生きるために、生き残るためにも挑戦を続けていきます。

ライブ、レッスン、共にオンラインにシフト。
オンラインの限界やデメリットもありますが、そういうものだと思ってやっていくしかないのです。

Share:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)