「このコロナが収束したらまたライブされるんですよね」

よく訊かれることですがいまのところ、僕の答えは「おそらくNON」。
コロナ自体どうでもいい。感染率や死亡率がどうであれ、いずれはワクチンもでき薬も開発されるでしょう。
今回のコロナは病気よりも、人の心に恐怖心を植え付けてしまったと思っています。感染に対する恐怖、そして「人の目」の恐怖。

スーパーに買い物いったり、人ごみに出る時にするマスク。どれだけの割合で「見知らぬ赤の他人に移したらいけないから」と思っていますか?「マスクしてないと怒りの目が向けられるから」という気持ちがありませんか?

昔からの村八分、非国民さわぎ、差別、こういった社会からの吊し上げに対する恐怖心、今回のコロナ騒ぎで感染したのはまさにこれなのです。

音楽家や芸術家は基本的に非常識なので、じつはいつでも活動ができるんです。でもそれを聴きに来るお客さんはそうではない。
そもそも音楽なんて「不要不急」なもの扱い。疎遠になるきっかけや理由はいくらでもあるのです。それでも聴きに来ようとする人たちに、今度は様々な制約を課してまで行う意味。

仲のいい二人組、僕は車で、友人は電車に乗って(満員電車を避けるため仕事は早退)都心のホールへ出かけます。ところが会場入り口で友達が久々のライブに興奮したせいか検温でひっかかり強制退去。何とか潜り込めた僕はフェースシールドとマスクし、いつものように静かにさせられ、曲の間で咳をすることも水を飲むことも許されず(未だにホールの規約で会場内飲食禁止・・)、同じく顔を覆った無表情の演者の音楽をただただ聴くだけ。
途中でブラボーを言おうものなら、つまみ出されるから心を開くわけにもいかない。誰かの通夜か葬式か。。。。
ホールを出て人がいないところまで出てはじめて曲の感想がでる。
そのころ2時間も外で待ってくれてた友人と合流(待たせる非常識)、せっかくなので車で送ろうとするも、車には「県外は帰れ!」とスプレー書き。。。
タイヤの空気は抜かれ、レッカー車を呼ぶ羽目に。

さ、そうまでして国内の演奏家のコンサートに行きたいですか?

コロナは人類の叡智で終息させれても、この恐怖心は拭い去れないのです。
ウィズコロナみたいなしょうもない言葉は、これを容認しようとしているだけ。
しっかりと「アフターコロナ」で前に進むべき!だと思うのですよ。

Share:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)